【TOEFL ITPとは?】テスト情報から対策までを完全網羅【スコア580が語る】

TOEFL ITP

どうも、こたです。

  • TOEFL ITPってなに?
  • iBTとの違いがわからない…
  • 対策や参考書を知りたい!

こんな悩みを解決します。

主な内容は以下のとおりですが、長いので必要な部分を読むとGOODです。

主な内容
  • TOEFL ITPとは?
  • ITPとiBTの違い
  • TOEFL ITPスコア
  • TOEFL ITPの対策
  • TOEFL ITPの参考書
  • 試験当日の流れ
  • テストの禁止事項
  • よくある疑問

ちなみに僕は、参考書を通した学習で580というスコアを獲得しました。その際に調査した内容をできる限りくわしくお伝えするので、ある程度は信用できるはずです。

スポンサーリンク

TOEFL ITPテストとは?

以下の流れで解説します。

内容
  • TOEFL ITPの分類
  • TOEFL ITPテストの目的
  • TOEFL ITPの規模
  • 日程・申込み・費用
  • 履歴書に書くとき重要なの?

以下、詳しく解説します。

TOEFL ITPの分類

『TOEFL ITP』は『TOEFL』と呼ばれる試験の1つです。現在は、『TOEFL ITP』と『TOEFL iBT』の2つがあります。

過去には、『TOEFL PBT』というものがありました。

『TOEFL ITP』は『TOEFL PBT』の問題を再利用しています。

『TOEFL』とは『Test of English as a Foreign Language』の略です。

『TOEFL』は、日本国内のテストとテーマが全く違うイメージを持つと良いです。

『TOEFL ITP』の『 ITP』は『Institutional Testing Program』の略です。

意味としては、英語圏での授業についていくような感じ。

ちなみに、4択式のマークシートで解くものとなっています。

ちなみに『TOEFL iBT』の『iBT』は『internet-based Test』の略となっています。パソコンを用いてインターネット上でテストを受けます。

TOEFL ITPは『LEVEL1・LEVEL2』があります。

より難しいのはLEVEL1で、販売されている参考書はLEVEL1対応のものがほとんどです。

つまり、まとめると以下の感じ。

TOEFL ITPテストの目的

TOEFL ITPテストはETS(テストの公式機関)によると、以下の通りです。

「英語圏で教育を受けるための英語力があるかどうかを測定することが目的で開発されたテスト」

テストを受けるに当たって、最初の目標は「いいスコアを取ること」だと思います。

しかし、「TOEFL ITPはあくまで留学する前の通過点に過ぎない」ということを頭の片隅に置きましょう。

留学先で英語を用いた授業についていくために必須であるから、テストができて当然という意味です。

TOEFL ITPの規模

公式サイトによると、世界で受験者は80万人以上いるようです。

日本では全国500以上の団体、約22万人の人が利用しています。利用者は主に、大学、大学院、そして高校などです。

日程・申込み・費用

日程についてですが、○月○日にあるというのは明記されていません。

共通の標準実施日があるのでなく、その団体が決めた日にやるだけのことです。

こちらの公式サイトに申し込みの詳細が載っています。

受験費用は公式サイトに明記されていません。

僕が大学で受けたときは 約5000円でした。

テスト監督などの派遣にお金がかかるので、受験者は5000円以内だけですが、会社や学校は別にお金を払っていると考えられます。

履歴書に書くとき重要なの?

正直に言うと、TOEFL ITPはある団体内で有効な試験だから、履歴書に書くときはあまり重要ではないです。

ぼくは今大学生ですが、バイトの面接のときに言ったり、資格欄に書いても、全然効果ありません。というか、まじで関係ありません。

ちなみに、他の英語のテストと比較するとこんな感じです。

重要度

TOEIC > TOEFL iBT > TOEFL ITP ≧ 英検

履歴書は、基本的に就職に必要だと思うので、ビジネス英語を扱う『TOEIC』がやはり価値がありそうです。

TOEFL ITPとTOEFL iBTの違い

様々な違いがありますが、大まかに以下の5つです。

主な違い
  • 試験の受け方の違い
  • 難易度の違い
  • テスト内容の違い
  • テスト時間の違い 
  • スコアの信憑性の違い

以下、詳しく解説します。

試験の受け方の違い

『TOEFL ITP』は、受験者が10人を超える場合に受けることができます。

試験会場で受けることになるはずです。会社で申し込む場合は会社でしょうし、大学で受ける場合は大学が試験会場になります。

『TOEFL iBT』は個人でも受けることができます。パソコンを使い受験するシステムです。

難易度の違い

後に説明するように、『TOEFL ITP』と『TOEFL iBT』では内容が異なります。

つまり、分野の得意・不得意によって難易度が変わるということです。

個人的には、圧倒的に『iBT』が難しいと思います。

テスト内容の違い 

上の表のとおりです。

テスト時間の違い

『TOEFL ITP』は約2時間となっていて、『TOEFL iBT』は約4時間となっています。

スコアの信憑性の違い

「TOEFL ITPは公式なスコアとしては使えない」ということを知っておいてください。

基本的には、ある集団内で有効なスコアだど言うことです。

ぼくの場合は通っている大学にて試験を受け、大学の単位認定に使いました。交換留学に必要な場合は、その大学内でのみ有効でしょう。

TOEFL ITPスコアについて

以下の5つについてです。

スコア
  • スコアごとの指標
  • TOEFL ITPのスコアが必要な場面
  • スコアの満点・最低点は?
  • TOEFL ITPのスコアの求め方
  • TOEFL ITPのスコア換算

以下、詳しく解説します。

スコアごとの指標

以下の表のとおりです。

TOEFL ITPのスコアが必要な場面

インターネット上に載っていたのは以下の5つの場面でした。

  • 大学院試験(東京大学)
  • 大学の交換留学に応募
  • 大学での単位認定(大阪大学,北海道大学etc)
  • 大学でのクラス分け(名古屋大学,青山学院大学,明治大学etc)
  • 会社内での英語力の確認

スコアの満点・最低点は?

満点は677点で、最低点は310点となっています。

TOEFL ITPのスコアの求め方

それぞれのスコアを足し合わせ、平均値を取る。その平均値を10倍するという流れです。

例えば、リスニング50 文法54 リーディング52なら、平均が52となり、十倍することで520となる。

TOEFL ITPのスコア換算

一覧表にまとめました。しかし、厳密に換算できるわけではありません。

TOEFL iBT TOEFL ITP TOEIC IELTS 英検
120673-67791級
1196708.51級
117-118660-66781級
109-116630-657970-9907.51級
100-108600-627870-97071級
90-99577-597820-8706.5準1級
80-89550-573740-8206準1級
69-79521-549600-7405.52級
61-68500-520550-60052級
52-60470-499500-5504.5準2級
45-51450-469450-4904準2級
33-44400-449300-4403.53級
29-32391-399291-29933級
20-28390270-2902.54級
12-19350-389260-26924級
100-2591.55級

厳密に換算できないのは、人により得意・不得意な分野があるからです。

「ビジネス英語に詳しくても、学術について詳しくない場合がある」という意味です。

英語の分野に得意不得意がない場合は、この換算を用いて良い

TOEFL ITPの対策

大きく分けて以下の5つの対策を取るべきだと考えます。

学習する優先順位については以下の記事に載せています。

要約すると、『文法 → リーディング → リスニング』の順位コスパが良いので、その順に学習しようということです。

5つの対策
  • 単語の暗記
  • リスニング
  • 文法 
  • リーディング
  • 実践演習

以下、詳しく解説します。

単語の暗記

どのような単語を覚えれば良いと思いますか?

もちろんですが、大学入試レベルの英単語を覚えている必要があります

「大学入試が終わって時間たったなぁ」「基本的な英単語が抜けてる気がする」と思う方が以下がおすすめです。

一度、覚えたことがある方なら当時の記憶はすぐに復活するはずです。

しかし、ここで安心してはいけません。覚え方次第では、もはや覚えたとしても『使い物にならない』ことがあるからです。

この次に話すリスニングで、ただ暗記するのは良くないことがわかります。

リスニング

リスニングにおいて、以下の3点が非常に大切です。

大切なこと
  • 何を暗記すればよいのか
  • どのように出題されるか
  • 単語や熟語を覚える時、発音して体で覚えているか

以下、詳しく解説します。

何を暗記すればよいのか

リスニングにも、ある程度知っておくべきテクニックがあります。テクニックは参考書で学習できますが、軽く触れておきます。

例えばこんなものです。

  • 『 you can say that again』 は同意表現
  • 『doesn’t』の『 ‘t』 は聞こえない

こういったことを暗記する必要があります。それぞれ日本語で置き換えてみましょう。

~『 you can say that again』 は同意表現 ~

『それな』という言葉を聞いたとき、『賛成しているんだな』と自然にわかるのではないかと思います。そんな感じです。これが英語にもあって、暗記しなきゃ対応できないよということです。

「何を使って暗記すればいいの?」と思うかもしれませんが、以下の参考書では丁寧にまとめてくれています。

created by Rinker
¥2,860 (2020/10/31 19:35:37時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事  TOEFL ITPのおすすめ参考書10選【スコア580可能】

~『doesn’t』の『 ‘t』 は聞こえない ~

日本人が『ありがとうございます』を『あざす』というように、『言わなくても伝わること』があったりします。

『doesn’t』の『 ‘t』はなくても伝わるから省略されるのです。このようなテクニック要素は参考書で抑えるのがベストです。

どのように出題されるか

こればかりは参考書を通して学習するのが一番です。

軽くお伝えすると、「会話で女性は何を言いたかったか、その会話はどこで行われているか」など問われます。

あなたはその意見をどう思いますか?という問いはない

単語や熟語を覚える時、発音して体で覚えているか

これが単語の話でしたことです。もし、英単語を発音できず『ただのテキスト』として暗記していたらどうなるでしょうか。

リスニングで聞こえた英単語が頭の中で日本語に訳されるはずがありません。つまり、音声を普段から聞き、一緒に発音することで、少しずつですがリスニングができるようになります。

ぼくは英単語をきちんと発音して暗記するまでボロボロでした

でも、毎日積み上げることで、低いスコアではありますが『50』というスコアを超えることができました。

音声が良い単語帳はこちら

created by Rinker
アイシーピー
¥1,320 (2020/10/31 19:35:38時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
アイシーピー
¥1,320 (2020/11/01 00:07:26時点 Amazon調べ-詳細)

問題パターンの学習にいる参考書はこちら

リスニング力の根本的な強化にオススメの本はこちら

以上のことに加え、以下のことをすると効果的です。

  • 毎日一定時間リスニングしてるか
  • スピードに慣れる必要がある
  • ディクテーションをする
  • 聴いた内容を暗記する

リスニングの具体的な出題形式

簡単にお伝えします。

パートA
  • 日常の会話
  • 5~20秒程度
  • 設問も音声
  • 電話のシチュエーションだったり
パートB
  • 会話 
  • 1.5分
  • Aさんは昨日何をしましたかという設問も含む
パートC
  • 実際の講義
  • 授業名を聴き取るのがコツ
  • 2分を超える

文法 

文法は『高得点必須』です。高得点取れなければ、全体のスコアを底上げすることは不可能です。

以下の記事に詳しく書いています。必読ではありませんが、1つでも参考になると思います。

関連記事  【TOEFL ITP文法】満点取れる勉強法【短期間で対策可能】

上記の記事を要約すると「参考書に載っているテクニックを身につければ、ハイスピードで迷いなく問題を解けるようになる」ということです。

リーディング

一度解いたことがあると分かるのですが、リーディングの難易度はそこそこ高いです。

ぼくは北海道大学を受験したのですが、受験者の中で英語の成績はかなり良い方でした。そんなぼくでもリーディングは難しかったです。

ただ、それは初見の話であって以下のことをトレーニングすれば、ふつうに解けちゃいます。

トレーニング
  • 英単語を暗記する
  • 読むスピードを上げる
  • 読んだ内容を暗記するよう意識する
  • 問題パターンを暗記し、当てはめて解く

リーディング問題の解き方としては、以下のパターンがあると考えられます。

①文章をすべて読む → 問題を解く
②問題を読む → 文章を読む → 問題を解く
③文章を読みつつ問題を解く

この中で一番良いはどの解き方でしょうか。

正直に言うと、正解はありません。ただ、どの解き方であったとしても『実力次第』なのは否めません。実力次第と言うのは、読解力、速読力、記憶力の差です。

先程の3つのパターンのうち、個人的に良いと思うのは以下の方法です。

文章をすべて読む → 問題を解く

この解き方をおすすめする理由は2つあります。

  • 手順が少ない
  • 練習することで身につけられる 

手順が少ないというのは、文章を読み終わったら問題を解くだけだからです。

練習することで身につけられるというのは、僕自身の経験から言えることです。文章を一回読んで、その内容を10分程度暗記するつもりでいてください。このことを何度も繰り返すことで、必ず身につきます。

実践演習

実践的な演習とは、まるで本番かのようにするということです。必要なのは以下の5つです。

必要なこと
  • 制限時間を、文法は10分、リーディングは5分短く設定する
  • リスニングも、文法も、長文も書き込みをしない
  • リスニングはイヤホンを使わない(できれば)
  • 図書館などの人がいる場所でやる
  • マークシートを用意する

これらを意識してやることで、あたかも本番かのように練習できます。

おすすめの参考書

単語帳に関しては、以下の記事に載せている3冊になります。

関連記事  【TOEFL ITP対策】おすすめの単語帳3選【徹底解説】

その他の参考書は、以下の記事にジャンル別でまとめています。

関連記事  TOEFL ITPのおすすめ参考書10選【スコア580可能】

もし、高校レベル(大学入試レベル)の英語が不安な方は、以下の参考書をチェックすると良いです。ぼくが高校生のときに使っていたものです。

単語帳ならこの1冊

文法ならこの1冊

created by Rinker
¥1,485 (2020/10/31 19:35:41時点 Amazon調べ-詳細)

長文ならこの1冊

created by Rinker
¥975 (2020/11/01 00:07:29時点 Amazon調べ-詳細)

リスニングならこの1冊

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,430 (2020/11/01 11:16:37時点 Amazon調べ-詳細)

問題形式を学習したり、テクニックを身につけるのに必須な参考書は以下の記事に載せています。ジャンル別に載せているので必要な部分をつまみ食いしてください。具体的には、『全分野網羅型・リスニング特化型・文法特化型・リーディング特化型・模擬試験演習』です。

関連記事  TOEFL ITPのおすすめ参考書10選【スコア580可能】

試験当日の流れ

試験会場に到着したら『受験票・筆記用具・時計』をもっていること再確認しましょう。

もちろん、家を出る前に確認必須ですよ。会場についたら、自分が試験を受ける机に問題がないか確認しましょう。

例えば、机の上に傷が多くてマークする時に邪魔になる・机がガタガタして集中できないなど

ぼくは2つめに当てはまりました。

机ががたがたするので対応していただけますか?

こう言ったところ、机の脚にダンボールをはさまれました。まあ、ガタガタしなくなったので良かったです。

こんな感じで、自分の集中を邪魔することは試験前に必ず言うようにしましょう。必ずですよ、必ず。

確認事項
  • 受験票
  • 筆記用具
  • 時計
  • 机の状態

忘れてはならない禁止事項

2つだけあります。

書き込み禁止(?)

だれでもやりがちなことですが、リスニングの内容をメモすることです。

しかし、メモを取ってい良いかについては、会場により差が出るようです。

ぼくは大学で受けましたが、メモ禁止でした。もちろん、リスニングだけではなく、他の分野も全てです。

一度注意されると、イエローカードを出されます。つまり、再び同じ不正をした場合レッドカードとなり、試験結果が無効になります。

長文に下線を引いてたら注意されました

ぼくが経験したことなので、皆さんは注意してください。

セクションごとに時間

これも要注意です。

例えば、文法を解く時間帯に、「文法早く終わったから、リーディングやるわ!」ってのが禁止

これもイエローカードレッドカードのシステムかなと思いますが、ぼくが試験管なら一発レッドカード出すかなと思います。絶対にないようにしましょう。

よくある疑問

ヤフー知恵袋であった疑問をまとめておきますので参考にしてください。

TOEICの対策はTOEFLの対策になるか

絶対にならないとは言いませんが、ほぼ対策になりません。

例えば、TOEICの単語帳のうち基本単語を暗記していたとします。その場合、基本単語はTOEICに特化した単語ではないので、暗記する価値があります。

しかし、TOEICに出てくる英単語はTOEFLと無関係なので、ほとんど意味がありません。

iBTの問題集でも良いか

今回のITPが重要ではなく、英語力が上がれば良いというならiBTの教材でも構いません。

最後に

かなりてんこもりの内容となってしまいました。しかし、不安や悩みは全て吹き飛んだはずです。

あとは努力のみなので、個人の問題です。応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました