ノートパソコンをデスクトップ化する方法+必要なもの【最安2万円でOK】

ライフ

どうも、こたです。

今回の記事では、ノートパソコンをデスクトップ化する方法をお伝えします。

  • 画面の数を増やしたい~♪
  • ノートパソコンの画面が小さい…
  • 端子1つでデスクトップ化したい!

こんな悩みを解決します。

結論から言うと、「2万円以下でデスクトップ化すること」が可能です

もしあなたが、マウス・キーボードを持っていれば、1万5000円以下でOKです。

また、ドッキングステーションを使うことが肝となります。

順に解説をしていくので、単語については気にしなくてOKです。

主な内容
  • デスクトップ化するメリット
  • デスクトップ化に必要なもの
  • もっと便利になるもの
  • 画面を閉じたまま使う方法

それでは、どうぞ。

スポンサーリンク

デスクトップ化するメリット

主に3つのメリットがあります。

メリット
  • 大画面で作業ができる
  • 画面の数が増え、作業がはかどる
  • デスクトップPCを買うお金を節約できる

順に解説します。

大画面で作業ができる

大画面だと、以下のような3つのメリットがあります。

  • 動画を大画面で楽しめる
  • 文字サイズを大きくできる
  • 1つの画面で2つのページを開ける

そのため、大画面だと便利です。

画面の数が増え、作業がはかどる

作業がはかどるというのは、同時に2つ以上の作業をできるということです。

例えば、以下のようなこと。

WEBサイトを見ながらレポートがかけます。

YouTubeを見ながら掲示板を見ることができます。

作業だけではなく、娯楽としても効率があがると納得できるはずです。

デスクトップPCを買うお金を節約できる

大画面でパソコン作業をするために『デスクトップPC』を買うのは、ハッキリいうと無駄です。

もちろん、ゲームをするならデスクトップのほうが良いでしょう。

しかし、今回は例外です。主に、学生や仕事をする社会人向けだからです。

必要なもの

まず、必ず用意するべきものは以下のものです。

必要なもの
  • ディスプレイ
  • マウス&キーボード
  • ドッキングステーション

順に解説します。

ディスプレイ

予算:1万円前後
選ぶポイント:画面を出力する端子が多い&イヤホンジャック(音声出力)がある

それらの条件を満たすのは、以下のものです。

created by Rinker
アイ・オー・データ
¥19,800 (2020/10/31 10:49:04時点 Amazon調べ-詳細)

通常は12400円で売っています。コロナウイルスにより、入荷が遅れています。

音声出力があるので、スピーカーを繋げることで高音質で音楽やYouTubeを楽しめます

キーボード・マウス

予算:5000円以内
選ぶポイント:無線を選ぶ&ボタンの多いマウス

セットのものだとこんな感じです。マウスは通常のものです。

ロジクールの良いところは、レシーバー1つでマウスとキーボードを接続できることです。上のものは、対応しています。

別のマウスになりますが、マウスでボタンが多いと作業がはかどります

具体的には、『コピー&ペーストやページを進む&戻る』がワンクリックでできるのです。

もちろん、キーボードのショートカットキーを使うのもありですが、2つのキーを押すことになります。そのため、マウス選びにもこだわりたいところです。

また、キーボードについては高級であるほど、打ち心地が良いです。

キーボードには○軸というものがあり、カチャカチャ音がするのは青軸です。

ぼくは愛用しています。

HDMIケーブル

ケーブルついては指定はなしです。アマゾンベーシックが無難でしょう。

4K対応だと値段は上がりますし、フルHDで十分です。

さて、これらをつないでみましょう。

やってられませんね。

「たくさんのケーブルを抜き差しするのが面倒だ」と思うでしょう。

その面倒なことを解決するのが『ドッキングステーション』です。

ドッキングステーション

ドッキングステーションはあらゆる接続をまとめてくれる、そんな商品です。

ついている端子は、以下のとおりです。商品により多少の差はあります。

端子の種類
  • USB-A 3ポート
  • HDMI端子
  • USB-C端子(PD対応)
  • SDカードリーダー

先ほど紹介した、マウスやキーボード、そしてHDMIをつなげることができます。

キーボード・マウス・テンキー・ディスプレイをつなげた

もちろんカメラを使う方は、SDカードも挿せるのでGOODです。

後ほど紹介しますが、パソコンによってはドッキングステーションで充電もできるのです。これは魅力的ですね。

ちなみに、これまでの費用をまとめるとこんな感じ。

合計:19552円

内訳
モニター:12400円
マウス&キーボード:3473円
ドッキングステーション:2999円

よって、最低限そろえる用具としては2万円で収まるわけです。

つぎに、より作業を快適に、そして体の負担を減らすものを紹介します。

あると良いもの

数は多いですが、お好みで追加していくと良いです。最初から買う必要はなく、買い足していくべきです。一応、大事な順にまとめました。

あると良い
  • USB-C充電器&ケーブル
  • スピーカー
  • リストレスト
  • マウスパッド
  • ノートPCスタンド
  • 机上台ORモニターアーム
  • USBハブ
  • HDMIセレクター

順に解説します。

USB-C充電器&ケーブル

これはパソコンを充電するのに必要なものです。

買った時についているACアダプタじゃダメなの?

このように思うかもしれません。

もちろんACアダプタでも充電できます。

しかし、ドッキングステーションに対応していないのです。

つまり、USB-C充電器を使うことで、ノートパソコンに挿す端子はドッキングステーション1つになり、さらに快適になるのです。

古い・安いノートパソコンだとUSB-Cの充電に対応してない場合があります。自分のパソコンがPD充電対応かどうか、調べるようにしてください。

おすすめの充電器とケーブルは以下です。

スピーカー

スピーカーはディスプレイのイヤホン端子につなげます。

そうすることで、パソコン上で音楽を流したり、YouTubeを見たときに高音質で楽しめます。

以下のスピーカーは格安で、最初に買うのにぴったりです。

なお、USBから給電するので、ドッキングステーションに挿すだけでOKです。

リストレスト

これは、キーボード入力を頻繁にする方に役立つアイテムです。

キーボード入力するとき、手首が机の上と接すると思いますが、時間が立つと手首が痛みます。

その対策となるのがリストレストです。

使わないときは収納しておけるほど小さいので、邪魔にもなりませんし。

これを買わないせいで、手首を痛めたら…もったいないと思います。

以下のものは僕も使っており、格安なのでおすすめです。

マウスパッド

これは先程のリストレスト同様に、マウスを操作する際の手首を守ってくれます

また、マウスパッドを用いることで、マウスの動きもスムーズになり作業がはかどります。

つまり、手首を傷めず作業効率UPさせられる最強の商品です。

ノートPCスタンド

これは、ノートパソコンの画面の高さを上げることができます。

実は、それだけではありません。

ノートパソコンを長時間使うと、排熱することは経験あるかと思います。

その排熱は、ノートパソコンの裏側で行われます。

つまり、ノートPCスタンドを使うと、裏面にスペースを作ることで排熱を促すことができます。

机上台orモニターアーム

購入したディスプレイの高さに不満がある場合、机上台やモニターアームを使うことで高さを上げられます。

ぼくは机上台を使っており、机とマッチしていて満足です。

高さや位置を自由自在に操りたいなら、モニターアームを買いましょう。

USBハブ

これは買わなくてよいかと思います。

しかし、USBメモリを頻繁に使う方や、オーディオインターフェースを接続する方は必要です。

ドッキングステーションのUSB-Aは2,3個しか無い

よって、USBハブを使うことで、足りなくなるって心配も減ります。

机に置くなら、以下のような形のものがベストです。

HDMIセレクター

この中で、ニンテンドースイッチやPS4をする方がいるはずです。

その場合、購入したディスプレイはHDMIポートが1つしか無く、困ります。

パソコンとゲームをするたびにHDMIを差し替えることになる

付け替えるのは面倒なので、HDMIセレクターを使おうというわけです。

以下のものが高速でデータ輸送されるためおすすめです。

半年ほど使っていますが、いまのところ好調です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました