【デルガード総まとめ】芯が折れない最高峰のシャーペンをレビュー&紹介【2019年11月更新】

シャープペンシル

どうも、こたです。ゼブラ(ZEBRA)デルガードの良さに、再び目覚めてしまいました。

今回の記事では、「デルガードの概要・ぼくが感じたこと」を中心にお伝えします。

こんな方におすすめのシャーペンです。

受験シーズン・テスト前で、あせって勉強中。
芯が折れないのはもはや必須だ!
そういえば、デルガードってどんなシリーズがあったっけ…知りたい!

スポンサーリンク

ゼブラのデルガードを推す理由

シャーペンは、勉強に使うもの。
勉強は、辛いけどやらなくてはいけないもの。
快適な勉強ライフを過ごすためのシャーペンがなくてはならない。

これは、デルガードを使っていて感じたことです。
かんたんにデルガードをおすすめする理由を以下にまとめます。

・芯がマジで折れない
グリップや消しゴムに新機能!
・ゴージャスなシリーズの登場!
限定品登場でコレクション要素アップ!

デルガードの歴史。

デルガードの素晴らしい機能を紹介する前に、デルガードの歴史を振り返りましょう。ちなみに、シリーズ累計で2000万本を売り上げる人気シリーズです。

2014年11月12日: 初代デルガード 販売開始

2016年1月21日:デルガード タイプLx 販売開始

2016年11月21日:デルガード タイプER 販売開始

2018年11月9日:デルガード タイプGR 販売開始

2019年1月21日:デルガード+2C 販売開始

to be continued 随時更新予定!

それぞれのデルガードについて”カンタンに”紹介

上記では、デルガードの歴史をまとめてみました。次はそれぞれについての詳細です。

初代デルガード

created by Rinker
ゼブラ(ZEBRA)
¥288 (2020/10/31 12:15:05時点 Amazon調べ-詳細)

ひとことコメント:この商品を生んでくれてありがとう。
定価:450円(税抜)
芯の太さ種類:0.3mm,0.5mm,0.7mm
カラーバリエーション(限定除外): 0.3mm=6色/0.5mmは12色/0.7mm→6色
新たな機能:なし
注意ポイント:グリップに加工なし。長時間使用は疲れる。

デルガードの原点です。
1番最初は安いモデルから浸透していきました。

安くて買いやすいので、芯が折れないという評判が広がりやすかったのではないかと思います。

そのおかげで、続々とシリーズが新たに発売されることになりましたね。

デルガード タイプLx

created by Rinker
ゼブラ(ZEBRA)
¥357 (2020/10/31 12:42:43時点 Amazon調べ-詳細)

ひとことコメント:今までにない高級感を醸し出す限定品たくさんある。
定価:1000円(税抜)
芯の太さ種類:0.3mm,0.5mm
カラーバリエーション:0.3mm,0.5mm→4色
新たな機能:持ち手とクリップが金属で低重心設計
注意ポイント:グリップに加工がないため手汗で滑る

全身プラスチックだった初代デルガードとは裏腹に、金属製のデルガードです。

製図用ではないのですが、定価1000円(税抜)でも全く文句がありません。

実際のところ、初代が発売されてから約2年経っているのですね、驚きです。時が経つのは早いです(笑)。

デルガード タイプER

created by Rinker
ゼブラ(ZEBRA)
¥384 (2020/10/31 12:15:05時点 Amazon調べ-詳細)

ひとことコメント:今までにない消しゴムがすごすぎ。
定価:700円(税抜)
芯の太さ種類:0.5mm
カラーバリエーション:0.5mm→6色
機能:ペン上部の消しゴムが進化
注意ポイント:全体的に軽く感じる。良くも悪くも軽い。

芯が折れることによる不快感をなくしただけでは、ゼブラは満足していません。

「ここまでやるか、ゼブラ!」と思うほど素晴らしいです。
今までの考えでは、「シャーペンの消しゴム=おまけ!」って感じでした。

しかし、今回はむしろ消しゴムがメインと言っても過言ではないのです。

今までに他のシャーペンで、特にこだわりがなかった消しゴムに注目しています。


おおきなポイントは、「キャップがない・逆さにすると消しゴム出現」ということですね。

もちろん、消しゴムに工夫のあるモノグラフというシャーペンがあります。


ここで話すと長くなるので気になった方は以下の記事をご覧ください。

ちなみに、消しゴムの予備もきちんと販売されています。専用の消しゴムなので注意です。

created by Rinker
ゼブラ(ZEBRA)
¥249 (2020/10/31 12:15:06時点 Amazon調べ-詳細)

デルガード タイプGR

created by Rinker
ゼブラ(ZEBRA)
¥627 (2020/10/31 12:42:43時点 Amazon調べ-詳細)

ひとことコメント:もちやすさ について完全にカバーされた。
定価:700円(税抜)
芯の太さ種類:0.5mmのみ
カラーバリエーション:6色
新たな機能:グリップが二重構造のラバー。
注意ポイント:ちょっとダサいかも。

クルトガ、モノグラフのようにシリーズをたくさん出しているシャーペンには、ラバーグリップのものがありますね。

まさにその流れで作ったのではないかと思います。…というのは失礼なことでして、クルトガやモノグラフのラバーグリップより断然に持ちやすいです。

というのも、ただのラバーグリップではありません。その秘密は2重構造のラバーグリップなんです。

ドクターグリップをご存知でしょうか?そのペンもグリップが2重構造です。

正直、デルガード タイプGRは少しダサいなと思っちゃいます。でも使いやすさはバッチリです。

デルガード+2C

created by Rinker
ゼブラ(ZEBRA)
¥1,073 (2020/10/31 21:06:36時点 Amazon調べ-詳細)

ひとことコメント:ついに多色ペンの一員に!
定価:1200円(税抜)
カラーバリエーション:4色
芯の太さ種類:0.5mm
新たな機能: 多色ペンに入る省スペースのデルガードシステム
注意ポイント:いずれ4色版が出る気がするので、待つのもありかも。

ぶっちゃけ、このペンが出たときはびっくりしました。

ぼくのデルガードに対する印象は、「少しゴツいな」ということだったからです。

多色ペンの一部にするということは、シャーペンの部分を省スペース化しなくてはなりません。というか実際、省スペース化されてるんです。

デルガードの忘れがちな機能とは

デルガードといえばこれ!と思いつくのは「芯が折れない」ことでしょう。
しかしながら忘れられがちな機能があります。何だと思いますか?

それは、「芯詰まりを防ぐ」機能です。もしデルガードを使っているのであれば思い出してみてください。

ノックしてもシャー芯が出てこない、もちろん予備のシャー芯はいれてあるのに。
ということありましたでしょうか?

正直言って、一回もないと思います。ぼく自身も一度も経験したことがないからです。

じゃあ、製図用のシャーペン(ペン先のパイプが長いもの)はどうでしょう。

このような部品がついていることからも分かるように、短くなったシャー芯が詰まるんです。

文字を書いていてシャー芯が折れるか折れないかは、正直めちゃくちゃ印象に残るはずです。
でも、意外とシャー芯が詰まること忘れがちです。

デルガードとオレンズの大きな違い

デルガードのシャー芯の太さは0.3mmが一番細いです。でもマジで折れない。ここで疑問に思いませんか?ぺんてるのオレンズと似てるんじゃないかと。

2つの点で、デルガードとオレンズは違うんです。

1つ目 テーマの違い

デルガードのテーマは、「学生に役立つシャーペン」です。ゼブラは学生のアンケート結果から、シャーペンの嫌なところは「芯が折れること・芯が詰まること」であるとわかったようです。その考えをもとに製品開発を行いました。

一方オレンズはのテーマは、「細かい字を書く」ということですね。細かい字を書くには0.2mmや0.3mmの芯径である必要があります。しかし、細いほど折れやすくなります。そういった意味での「心が折れること」を防ぐ目的でオレンズが作られたのではないかと考えられます。

以上、開発におけるテーマが違うぞ!ということでした。

2つ目 仕組みの違い

デルガードシステム

by https://www.zebra.co.jp/press/news/2014/1007.html

ひとことで言うならば、「力に対抗する」ことで芯が折れることを防いでいます。

オレンズシステム

by https://www.pentel.co.jp/products/automaticpencils/orenz05_2/

こちらは「芯が折れることを防ぐ」というより、「芯が折れるほどの長さを出さない」仕組みになっています。

思い出してください。シャー芯が折れるなというとき、シャー芯がいつもより長く出てしまっていることがあります。必要最低限のシャー芯が出ていれば折れないじゃん!ということです。

デルガードの限定品の話。

限定シャーペンの代名詞とも言われるスマッシュに続き、デルガードも限定ラッシュです。

ゼブラが単体で出している限定カラーはもちろん、東急ハンズなどの他のお店とのコラボ品が数多く売っています。

ぼく自身、少しだけですが集めています。今後、記事にしていく予定なのでもしよければご覧ください。

以上、バイバイ!

created by Rinker
ゼブラ(ZEBRA)
¥1,073 (2020/10/31 12:42:44時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ゼブラ(ZEBRA)
¥542 (2020/10/31 12:15:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました