【無料体験あり】Amazonのオーディブルを体験してみよう!【目を使わない読書サービスの紹介】

ライフ

どうも、こたです。

今回の記事では、Amazonが運営するオーディブル(Audible)を紹介します。

  • 読書したいけど、本を持ち歩きたくないなぁ…
  • 文字を目で追い続けるのが嫌だ!
  • 使い方やメリットは何なの?

こんな疑問を解決します。

結論を先にいうと、オーディブルは試す価値があるサービスだと感じています。

なお、1ヶ月の無料体験をすることができます。

主な内容
  • オーディブルというサービスの解説
  • オーディブルが使えるデバイス
  • 登録方法から使い方まで

Amazonはオーディブルの他にも、Kindle UnlimitedMusic Unlimitedといった、読書・音楽のサポートもあります。

スポンサーリンク

オーディブルってどんなサービス?

Amazonが運営している『本を耳で聞く』サービスです。

2018年において、世界9カ国で配信されています。40万タイトル以上の本がラインナップサれており、とても規模が大きいといえます。

コイン制

毎月、1枚のコインをもらえます。そのコイン、以下のことができます。

コイン1枚でできること
  • 本1冊の購入
  • Welcome Packの購入

くわしく解説します。

本1冊の購入

オーディブルには、様々な価格の本があります。

しかし、1500円を超えていようが、超えていまいが関係ありません。

コイン一枚でどんな本も購入できます。

次に説明する『Welcome Pack』は1冊ではありません。

Welcome Packの購入

人気の4タイトルをコイン一枚で入手できます。

通常価格で10000円するものが1500円で購入できるわけです。

Welcome Packはコインでしか購入できない

コインは月に一枚しかもらうことができません。

ですから、Welcome Packは月に一個しか買えないと知っておくと良いでしょう。

例えば、こんなパックがあります。合計4種類のパックがあります。

コインを使うと…

コインが無くなると、お金で購入することになります。

コインがない場合、オーディオブックを30%OFFで購入できる

3000円のオーディオブックなら2100円になり、かなり値下がりします。

でも、今月忙しくてコインを使う時間ない…

こんな方もいると思います。

コインを使わなかったら… 翌月へ繰り越すことになります!

使わないコインは翌月に消えることはありません。

有効期限があり、入手から6ヶ月

どの本を選ぶか考える時間は十分にあるので、有効期限については問題ないでしょう。

オーディブル ステーション

会員限定で開放されるサービスです。

例えば『flier』という本の要約サービスを無料で聞くことができます。

flier』はAmazonのオーディブルと関係なく、前からあるサービスです。

『flier』とは本の要約サービスです。

オーディブルはどんなデバイスから?

スマホ・タブレット・PC・Apple Watchと、あらゆるデバイスに対応しています。

スマホ対応なので、移動中にも使えるのは正直ありがたいです。

ちなみに『Amazon Echo』にも対応しており、こんな会話でオーディブルを使うことができます。

「アレクサ、(コンテンツのタイトル)読んで」
「アレクサ、止めて/再開して」
「アレクサ、巻き戻して/早送りして」

Aamazonより

ダウンロードすれば、オフラインで利用できるのでGOODです。

オーディブルの良いところ

大まかに3つの良いところがあります。

目と手がいらない

僕は若いですが、『乱視&近視』で辛いです。

小さい文字を見続けるのも好きではないので、ビジネス書を読む際に『耳から聞ける』のは助かりました。

キンドルペーパーホワイトも使っていますが、やはり目がつかれることもあります。

老眼の方も、小さな文字を見てると辛いはずなので、試す価値はあるはずです。

返品ができたりと、Amazonの対応が神クラス

オーディブルで本を買ってから1年以内は対応してもらえます。

もちろん、やりすぎは禁物。

ある回数を超えると返品不可能になるので、本当に返品したいときだけです。

ちなみに、返品する際は公式サイトから行うのですが、こんな選択肢が出てきます。

  • 音飛びがある
  • 内容が気に入らない
  • ナレーションが気に入らない
  • 間違えて購入した
  • 紙の本と購入し間違えた

以上の5パターンが主です。

しかし、このうち『ナレーションが気に入らない』というのは選ぶべきでないと思います。

サンプル音源も聞けるので、対応してもらえないと考えたからです。

オーディブルは『○○しながら』読書できる

目と手を使わないので、他のことをしながら読書することができます。

一日の時間が2倍になる感覚です。例えば、以下のようなことをしながら♪

○○しながら
  • 寝ながら
  • 歩きながら
  • 掃除しながら
  • 歯磨きしながら
  • 筋トレしながら

これらの共通点は、頭を使わない行動だと言うことです。

オーディブルは耳で読書をしますが、頭を使わないということではありません。

例えば、「新聞を読みながら家族と会話ができない」ことと同じです。

よって、単純な作業・習慣化している行動とセットでオーディブルを利用するのが賢いでしょう。

オーディブルの金額は月1500円【初月は無料】

ぶっちゃけ、高いかどうかは考え方次第です。

もちろん、紙の本であれば、中古も売っていますので格安で読書できます。

しかし、オーディブルには中古がないです。Kindle(Amazonの電子書籍)と同じで、新品しかありません。よって、少し高いと感じるかもしれません。

また、ナレーションをしているのはプロの声優であったり、著名人です。

例えば、メンタリストDaiGoの本は、『ザ!世界仰天ニュース』の声を担当している橋本 信明さんであったりと、豪華です。

だから、1冊1500円という点では当然の金額かなと感じました。

もちろん、定価が3000円する本もあるので、最初の1冊はお得です。

復習
  • 月1500円(初月は無料)を支払うことでコインが一枚もらえる
  • コイン一枚でできることは、1冊のオーディオブックの購入

そのコインを使うと、オーディオブックを本で買うことになりますが…

コインを使い切ると、他のオーディオブックは30%OFFで購入できる

購入した本は退会後もあなたのもの、ということも忘れがちなので知っておきましょう。

オーディブル利用までの3ステップ

以下の3つのステップで解説します。
ちなみに、オーディブルには1ヶ月の無料体験があるのでお試しにピッタリ。

3ステップ
  • 登録方法
  • 購入方法
  • アプリ画面

大切なのは登録と購入はAmazonアプリからはできない、ということです。

じゃあ、パソコン必要なのか…

このように思うかもしれません。

しかし、スマホ1つでも全てこなせる裏技があります。順に解説しますね。

登録方法

裏技
  1. 下記のボタンをタップするとき『長押し』をします。
  2. そうすると、選択肢が出てきます。
  3. 新しいタブで開く』を押してください
  4. Amazonのアプリが開かれることなく、無料体験に進むことができます。

そして、サインインします。

必要事項を入力すると、体験可能となります。

購入方法

上のボタンをタップすると画面が切り替わります。

そうすると、本がたくさん載っているはず。そして、気になる本を見つけ、コインを使って購入するといった流れです。

アプリ画面

ぶっちゃけ、使いやすい構成になっており、動きもスムーズです。画面内のボタンを簡単に解説しますね。

これが再生画面です。
明るいモードと、暗いモードの2つがあり、Twitterのようです。

右上の車のボタンを押すと、操作をしやすい画面に切り替わります。よって、信号待ちのときにオーディブルを止められて便利です。

オーディブルの再生スピードは、0.5倍速から3.5倍速までと選び放題です。難しい内容の本は0.8倍速で読むってこともできます。

寝る前に、読書の習慣をつけたい!という場合にスマホ1つで音声を流せるのは強力だと思いませんか?

音声を止め忘れたらどうしよう。

このように不安になったでしょう。心配無用です。

スリープタイマーというものがあり、〇〇分後に音声を止めると先に決められます。

感想

正直なところ、頻繁に使うことはなかったです。僕の生活では、大学に行くときくらいしか聞く時間がなく、利用する頻度は低かったです。

そのため、解約しました。

しかし、無料体験があるので実質0円でオーディブルを試せてよかったと感じています。

使い始めたときは、こんなふうに思っていました。

文字を見ないで読書するから頭に入らないのでは?

ところがそんなことは、一度もありませんでした。

文章を読むのが上手で、スピードや強調部分が伝わりやすいと感じました。

注意点

いくつかあるので解説します。

  • アプリから新規登録・本の購入・解約をすることができない
  • オーディブルにすべての本はない

アプリから新規登録・本の購入・解約をすることができない

無料体験後の解約を忘れないようにしましょう。

カレンダーアプリやリマインダーに追加すると良いです。

解約し忘れたらどうなるの?

解約し忘れたためカスタマーセンターに連絡すると、返金対応してもらえました。

そのてん、オーディブルは安心できるサービスだと思います。

オーディブルに向いた本と、向いてない本がある

例えば、ビジネス書・小説・経済といったジャンルがあります。

ジャンルの中では、ビジネス書が向いていると感じました。

実際に1冊聞いたのがビジネス書だったが、頭に残りやすいと断言できます。

小説は向いておらず、難しい金融や経済の話も向いていないのは事実です。

そして、この世にある全てを音声化できていません。

しかし、ベストセラーだったり、昔から売れ続けている名著はすでにオーディブルで販売されているので問題はありません。

オーディブル以外にも、こんなサービスがあります。気になる方はチェックしてみてください。

コメント

  1. […] 【無料体験あり】Amazonのオーディブルを体験してみよう!【目を使わない読書サービスの紹介】どうも、こたです。今回の記事では、Amazonが運営するオーディブル(Audible)を紹介します […]

タイトルとURLをコピーしました